吹き付け塗装を塗り替える工法 ローラーによる手塗りで塗り替え

最近の新築住宅では、モルタル壁の下地に吹き付け塗装をする外壁が減ってきていて、サイディングの外壁が増えているとのことですが、我が家はモルタル壁の吹き付け塗装がされていて、吹き付け塗装は「スキン吹き付け」という工法でした。

今回は吹き付け塗装の塗り替え工法についての紹介です。

吹き付け塗装とは

吹き付け塗装は、モルタル外壁塗料を機械で噴射して放射状に塗装する工法で、「リシン吹き付け」や「スキン吹き付け」などがあります。

↓吹き付け工法についての記事

外壁塗装の工法 手塗りと吹き付け
塗り替えを検討するにあたって、自宅の外壁はどんなタイプなのか、「下地」「塗料」「工法」を確認しておきましょう。この記事では、外壁塗装の工法について書いています。

艶がないザラザラ感のある白い外壁に、格子や梁など濃い茶色の木材の組み合わせが気に入っていました。

吹き付け塗装の塗り替え

塗り替えについて調べる前は、ザラザラした吹き付け塗装は、塗り替えのときも同じように吹き付け塗装をして、またザラザラ感を出すものなのかと思っていました。

もちろん、吹き付け塗装での塗り替えも可能とのことですが、一般的にはローラーによる手塗りで塗り替えされています。

理由としては、吹き付け工法は、騒音が発生しやすく、飛散しやすいというデメリットがあり、塗り替えではあまり用いられないようです。

せっかくの和風住宅のスキン吹き付けが、ローラーでベタ塗りしてしまうと雰囲気変わってしまうのかなーと思っていましたが、通常のウールローラーではない特殊なローラーを使うことで、ザラザラ感までは行きませんが、凹凸感を出すことができます

マスチックローラーによるフィーラー塗り

その特殊なローラーというのが、マスチックローラーです。

同じようなローラーとして、砂骨ローラー多孔質ローラーなどがあり、同じ原理で同様に使われるものですが、硬質な既存の塗膜に、ねっとりした下地塗料を凹凸をつけて厚く塗ることができるローラーです。

フィーラーを厚塗りすることによって、ひび割れ防止とともに、スキン・リシン吹き付けのような凹凸の風合いを出すことができます。

次の写真は我が家の例ですが、粘り気のあるフィーラーをマスチックローラーで塗ることにより、凸凹ができて、元のスキン吹き付けのザラザラ・ゴツゴツ感とは少し違いますが、遠目で見ると似たような表面の下地ができます。

マスチックローラーによるフィーラー塗装
マスチックローラーによるフィーラー塗装

我が家の事例↓

外壁塗装の塗り替え事例
外壁塗装の塗り替えを検討されている方は、こんな疑問がありませんか?・塗装の手順はどんなふうに進めるの?、・外壁塗装をしている間は普通どおり生活できる?、・洗濯物を干すのはどうするの?、・窓は締め切った状態が続くの?。2021年に外壁塗装の塗り替えを行いましたので、我が家の塗り替えの様子を紹介し、疑問にお答えします。

まとめ

  • 吹き付け塗装の外壁も、ローラーによる手塗りでの塗り替えが採用されています。
  • ひび割れ防止とともに、凹凸感を出すために、マスチックローラーなどが使用されています。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ
にほんブログ村

コメント