外壁塗装の劣化と対策

外壁塗装の劣化は、外壁塗装の工法や塗料の種類によっても違いますが、だいたい築10年ともなると現れてきます。

この記事では外壁塗装の劣化・汚れの原因や事例についてまとめてみました。

外壁塗装の劣化原因

外壁塗装の劣化原因として、最も大きな影響を与えているものは太陽光です。

紫外線や熱が塗装の塗膜を形成する樹脂成分を劣化させます。

また、雨や風も太陽光とともに、劣化させる原因となります。

雨で水分を含んだり、太陽光の熱で乾燥したりの繰り返しにより、塗膜を劣化させることとなります。

外壁塗装の劣化事例

外壁塗装の劣化事例として、我が家の塗り替え前の状況を紹介します。塗装の汚れがひどくなってきていました。

築15年目の状況ですが、スキン吹き付けという、細かな石を吹き付けた仕上げで、表面がガサガサしたタイプなので、汚れが付きやすいです。スキン吹き付けについては、外壁塗装の工法の記事がありますので参考にしてください。

外壁塗装の工法 手塗りと吹き付け
塗り替えを検討するにあたって、自宅の外壁はどんなタイプなのか、「下地」「塗料」「工法」を確認しておきましょう。この記事では、外壁塗装の工法について書いています。

2階の窓の下ですが、隅から汚れが伸びています。

外壁の窓下の汚れ
窓の下の汚れ

縁側付近では雨水が跳ね返ってよく濡れていたのか、カビや藻が発生しています。

外壁の縁側付近のカビ汚れ
縁側付近のカビ汚れ

水切り上部も水分が溜まり水分が多いためか、カビや藻が発生しています。水切りと勝手口のたたきにはスキン仕上げの砂粒がポロポロと落ちています。

外壁の水切り上部のカビや藻
水切り上部のカビや藻

紫外線や雨・風による劣化で表面に塗装の粉が出てきています。

外壁の白亜化(チョーキング)
白亜化(チョーキング)

元は濃い茶色の塗装だったのですが、木の色が出てきています。

屋根の下の破風板(はふいた)の劣化
屋根の下の破風板(はふいた)の劣化

我が家では、気になるようなひび割れは発生していませんでしたが、カビや藻の発生、そして白亜化(チョーキング現象)が起きていました。スキン仕上げの砂粒もポロポロと落ちているところもありました。

ジメジメとした部分は、水分がしみ込んでいて、木造なので水分が中に入り込んで、外壁本体を傷めてしまうかもしれないと思い始め、これは早く塗り替えた方がいいなと考えるようになりました。

外壁塗装の劣化への対策

外壁塗装の汚れが表面的なものならまだいいのですが、外壁塗装の劣化は、放っておくと外壁本体の劣化につながります。

防水効果があるうちは外壁本体への水分の侵入を防ぎますが、チョーキング現象やカビ、藻の発生など、劣化が進んでくると、水分が侵入していくようになります。

このように劣化した状態への対策としては、やはり塗り替えをするしかありません。

我が家の塗り替え後の状況ですが、カビや藻が発生していた縁側や水切りの上部のところは、こんな感じできれいになりました。

少し風合いは変わったのですが、マスチックローラーによるフィーラーの下塗りにより、凹凸感が再現されています。

スキン吹き付け外壁のローラー塗りによる塗り替え↓

吹き付け塗装を塗り替える工法 ローラーによる手塗りで塗り替え
最近の新築住宅では、モルタル壁の下地に吹き付け塗装をする外壁が減ってきていて、サイディングの外壁が増えているとのことですが、我が家はモルタル壁の吹き付け塗装がされていて、吹き付け塗装は「スキン吹き付け」という工法でした。今回は吹き...
外壁の塗り替え後の状況(縁側付近)
塗り替え後の状況(縁側上部)

塗り替え後の状況(勝手口の水切り上部)
塗り替え後の状況(勝手口の水切り上部)

私も、まだかな、もうそろそろかな、と何年か悩みましたが、飛び込みセールスマンに言われるがまま何となくというのではなく、いろいろ知識を得ながら、塗り替えを検討してみてください。

外壁塗装の塗り替え事例
外壁塗装の塗り替えを検討されている方は、こんな疑問がありませんか?・塗装の手順はどんなふうに進めるの?、・外壁塗装をしている間は普通どおり生活できる?、・洗濯物を干すのはどうするの?、・窓は締め切った状態が続くの?。2021年に外壁塗装の塗り替えを行いましたので、我が家の塗り替えの様子を紹介し、疑問にお答えします。

私はヌリカエという一括見積りサイトで業者さんを紹介してもらって、お話を聞きながら検討しました。きっと役に立つと思います。

外壁塗装塗り替えの相場は無料一括見積りから
塗り替え業者を紹介してくれたり、見積り比較ができるサイトがあります。塗り替え費用の相場、技術的な情報など、役立つ情報もありますので、活用してみることをおすすめします。

まとめ

  • 塗装の劣化原因は、紫外線、熱、雨、風などです。
  • 劣化現象としては、チョーキング現象やカビ・藻の発生などがあります。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ
にほんブログ村

コメント